<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

出前体育あそび第1弾~釜石市へ行ってきました~

a0279721_1171032.jpg

平成23年度に続き、今年度も私どもいわて子育てネットでは岩手県からの受託事業「新しい公共の場づくりのためのモデル事業 子どもの遊び復興支援事業『あしたにジャンプ』ちびっ子ジムがやってくる」を展開します。

沿岸被災地に出向き、子どものための遊び場を提供するというものですが6月27日(木)、第一弾として釜石市で「しぜんのなかであそぼう!」を開催。いわて森林インストラクター会から佐藤平典さんと濱津ミサノさんを講師に招き、スタッフ2名とともに行ってきました。

この日の釜石は抜けるような青空が広がり、自然あそびにはうってつけ。参加者は親子10組21名。現地からは釜石市保健福祉部子ども課から佐々木絵美さんと甲子子育て支援センターの保育士さん2名が参加してくださいました。集合場所の甲子子育て支援センターから、福祉の森児童遊園までみんなで散策。途中、森林インストラクターの佐藤さん、濱津さんから木々の葉っぱや花の名前など教えてもらいながら、散策を楽しみました。

a0279721_1153267.jpg


a0279721_1153980.jpg


a0279721_11531643.jpg


a0279721_11532350.jpg


a0279721_11532923.jpg


児童遊園では、葉っぱのお面や風車を作ったり。松ぼっくりの赤ちゃんを初めて見たというお母さんや子どももいて、みなさんたっぷりと自然とふれあいました。

その後は、保育士さんの紙芝居や手遊びで楽しく時間を過ごしました。

a0279721_11533713.jpg


a0279721_11593661.jpg


a0279721_11534978.jpg


a0279721_11535691.jpg


a0279721_1154239.jpg



最後にお母さんたちに書いていただいたアンケートには、「未就園児童が元気に外で遊べる場所が少ないと」いう要望が多く寄せられました。震災から1年3ヵ月以上経ちますが、いまだ地震におびえる子も多く、親子ともに心身のケアが必要と感じました。

次回の出前体育遊びは7月5日(木)。普代村の社会体育館で吉田恵子先生の指導の下、サイバーホイールや鉄棒、とび箱、マット運動などで遊びます(対象年齢は2~5歳児)。

今年度は全28回の出前体育遊びを沿岸の各市町村で行います。詳しい日程表はこちらをご覧ください。

一般の方からのご参加もお待ちしていますので、ご興味ある方はぜひお問い合わせください。

いわて子育てネット 電話019-652-2910
[PR]

by iwate-kosodate | 2012-06-28 12:10 | 復興支援事業

さんさ太鼓作り週間

先週と今週の2週間、盛岡市つどいの広場KOKKO盛岡市つどいの広場にこっこの2事業所で、好評のさんさ太鼓制作を行っています。

これまでに60個近い太鼓を作ったというKOKKOへ、おじゃましてきました。


用意するのは、使用済みの粉ミルクの缶。
KOKKOで用意したものはすでになくなってしまい、急遽、100円ショップで貯金箱を買い求めて駆けつけてくれた利用者さんもいらっしゃいました。

a0279721_925468.jpg


a0279721_9251875.jpg


太鼓のばちでたたく面を貼り合わせて。

a0279721_925275.jpg


12個の穴にひもを通していきます。

a0279721_9253799.jpg


真剣に作るママのお膝にすっぽりとくつろぐ赤ちゃん。

a0279721_9254730.jpg


親子で一緒に作る組も。

a0279721_9255746.jpg


ジグザグにひもを通したら、あまったひもで真ん中部分をぐるぐるとしばります。

a0279721_92671.jpg


はい、出来上がり!

a0279721_9262179.jpg


a0279721_9263191.jpg


さて。次は「たすき」を作ります。

a0279721_9263931.jpg


こうして太鼓を抱えられるようにして……。

a0279721_9264844.jpg


ほうら! スズランテープでもさまになっているでしょう?

a0279721_9265884.jpg


ばちはチラシ5~6枚くらい重ねたものをぐるぐる巻きにして作りました。

a0279721_9271644.jpg


さあ。みんな実際にたたいてみましょう。

さんさ太鼓の名手でもあるちあき先生が、本物の太鼓をたたいてみせてくださいました。

a0279721_927871.jpg



盛岡の夏の風物詩で、東北五大祭りに数えられる「盛岡さんさ踊り」は、一万もの太鼓による「世界一の太鼓パレード」としてギネス認定も受けているほど。あの独特のリズム、笛の音、群舞と「サッコラーチョイワヤッセ」の掛け声…。わくわくします。

例年8月1日~4日のさんさ踊りを前に、わくわく感を先取りしてちょっぴり得した気分になりました。せっかくなので、YouTubeにアップしてみました。お楽しみください。

※さんさは4番まであるのですが、この日はちあき先生は2番から披露してくださいました。



本物の太鼓のリズムに合わせて、お母さんに作ってもらった太鼓をたたいて。みんな大喜び。ちあき先生の太鼓をたたいてみたりと、みんなで楽しいひとときを過ごしました。


a0279721_9272668.jpg


a0279721_9273498.jpg


a0279721_9274981.jpg


楽しかった~。



※さんさ太鼓作りは6月30日(土)までですが、KOKKOでは材料がなくなってしまいました。にこっこのほうでも好評につき要申込みとなっています。事前にお問い合わせください。

盛岡市つどいの広場KOKKO 電話019-624-8855
盛岡市つどいの広場にこっこ 電話019-681-9722
[PR]

by iwate-kosodate | 2012-06-27 17:18 | つどいの広場KOKKO

インターンシップ事業研修生、実地研修へ。

6月4日から開講している「地域に役立つお仕事にチャレンジしよう!〈子育て編〉」は、
内閣府による復興支援型地域社会雇用創造事業「新たな一歩プロジェクト」のひとつです。

「新たな一歩プロジェクト」の構成団体である私どもいわて子育てネットでは、インターンシップ事業として、「地域に役立つお仕事にチャレンジしよう!」を展開。今年度は〈子育て編〉に続き、〈チャレンジショップ編〉〈心を育てる編〉と、子育てネットならではの研修が今後も控えています。

1研修・全180時間と長丁場ですが、現在、〈子育て編〉に参加の研修生は4週目の研修に入っています。いわて子育てネットが運営する5施設に出向き、研修生(インターンシップ)としてNPO業務に従事してもらうというもの。写真は、ちびっこジムjump!を会場にしている親子体育あそび教室に子どもたちの見守りとして参加した様子です。


a0279721_16213175.jpg


参加の子どもたちの年齢は3~6歳。胸郭発育期でもあるこの時期に、腕を伸ばして支える支持運動はとても大切なのだそう。

a0279721_16243542.jpg


キリンになって歩いてみたら、今度はケガをしたキリンになったつもりで歩いてみたり。
こうした動きを覚えることは、転んだときに手が出たりなど、日常生活の活動の幅を広げることにもなるのだとか。

a0279721_1621168.jpg


指導は、岩渕みどり先生
この日は新しい曲で初めての振り付けでダンス! ママも子どももいっぱいの笑顔。

a0279721_1624453.jpg


a0279721_1625081.jpg


a0279721_16212334.jpg



「全身で受け止めることが大切」というみどり先生の指導は、子育て真っ最中のママはもちろん、研修生にもとても参考になったようでした。


さあ。たくさん体を動かした後は、最後のご挨拶。
目と目を合わせて、一人ひとりハイタッチで「さようなら」。

a0279721_16251017.jpg


a0279721_16252381.jpg


a0279721_16253197.jpg



みどり先生の指導のもと、ママも子どもも研修生も、楽しい充実したひとときを過ごすことができました。
[PR]

by iwate-kosodate | 2012-06-26 17:24 | HIT事業

ママのハワイアンフラ教室を開催します!

アロ~ハ!

a0279721_17364227.jpg


写真はプルメリアでもハイビスカスでもありません。

はい。ベコニアです。

ハワイからこんにちは!と言いたいところですが、相変わらず盛岡からこんにちは!


今日の盛岡は梅雨の晴れ間。快晴で気持ちのいい一日でした。

青空の下、緑したたる木々の葉が美しい街なか。

これは中津川に架かる橋のひとつ、中の橋のハンギングバスケットのベコニアです。

盛岡はハンギングバスケットの文化が街に溶け込む、カナダはビクトリア市と姉妹都市です。

ビクトリア市にならい、数年前から街のあちこちにこうしてハンギングバスケットが飾られています。

盛岡を訪れる観光客が、やはりパチリと写真を撮っていました。


a0279721_17363240.jpg


岩手銀行中の橋支店。

ISO感度を間違って、どの写真も色がとんでしまいましたが……。

ベコニアの写真がなんとなく南国情緒をかもし出しているような気がして、これからご紹介する「ママのためのハワイアンフラ教室」にぴったりではないかと思い、使った次第です。

7月6日(金)から、盛岡市大通にある「ちびっ子ジムjump!」で開催いたします。

こちらは子どものための室内遊び場で、エアキャッスルやサイバーホイールなどの大型遊具を備えています。

子どもが保育士スタッフの見守りのなか遊ぶ間、お母さんはハワイアンフラでリフレッシュしませんか。

「フラ」とは、ハワイの言葉で「踊り」を意味するのだそうです。一般に聞きなじみのある「フラダンス」だと、「踊り・踊り」と、意味が重複してしまうのだと、今回講師でお招きする大志田純子先生が教えてくださいました。


初夏の7月。まだまだ梅雨のさなかですが、ハワイの音楽を聴き、ゆったりと体を動かし、ハワイの文化に触れててみませんか。

初心者対象なので、お気軽にご参加ください。全3回の教室をとおして、基本所作はもちろん振り付けをならい、少~し踊ることができるように。を目指して楽しく開催したいと思います。

ふるってご参加ください。

お問い合わせは いわて子育てネット 019-652-2910 まで。

お待ちしています! マハ~ロ(ありがとうございます)。

a0279721_17373033.jpg


pdfはこちら
[PR]

by iwate-kosodate | 2012-06-22 17:48 | お知らせ

パパ、大好き!  …とお知らせ。


6月の第3日曜は「父の日」でした。

「お父さん、ありがとう!」のメッセージが全国のあちこちで聞かれたのではないでしょうか。


いわて子育てネットでも、未就園児童のための就園支援事業「エコールドマ・シェリ」「にこにこ園」で、
「父の日」のプレゼント作りをしました。

みんないつになく神妙な表情でシールを貼ったり、
パパのお口を描いてみたり。

a0279721_1731261.jpg


a0279721_17311034.jpg


a0279721_16495581.jpg


それを、ハンガーにくくりつけて出来上がり!

a0279721_1650365.jpg


パパは喜んでくれるかなあ?

a0279721_16501228.jpg


はい、みんなでポーズ! 愛らしい笑顔を向けてくれました。

子どもたちの手がかかったプレゼントに、お父さんもにっこりだったのでは。


「母の日」があるなら、「父の日」があってもいいはずと、
男手ひとつで父に育てられたアメリカのある女性が牧師さまにお願いして、
彼女の父親の誕生月の6月に礼拝を行ってもらったのが「父の日」のはじまりなのだそうです。

「母の日」の花がカーネーションなら、「父の日」の花はバラ。
バラの花をプレゼントされたお父さんは照れくさそうな表情? それとも…うるうる涙ぐんだりして。


いろいろなプレゼントとありがとうの言葉で、家族が温かいひとときを過ごした日曜だったのではないでしょうか。


さて。前のエントリでもご紹介しましたが、7月8日(日)に、
第1回「パパとキッズの森あそびクラブ」を開催いたします。

岩手公園(盛岡城跡公園)を会場に、パパと子どもが自然に親しみながら遊ぶ会です。

講師は川村晃寛さんをはじめとする森林インストラクターのみなさん。

公園の中を案内してもらいながら植物観察。

ふだん、運動不足のお父さんはこの機会にぜひ参加してみませんか。

季節は気持ちのいい初夏。緑濃い岩手公園で、子どもと思いっきり遊んでください。

お申込みは、いわて子育てネット 019-652-2910 まで。

会員登録がおすすめです。

a0279721_1745183.jpg


*****

そしてもう一つ、お知らせがあります。

いわて子育てネットが運営する事業所のひとつ、「盛岡市つどいの広場にこっこ」がブログを開設しました! こちら

アドレスは http://blog.livedoor.jp/tsudoi_nikokko/


昨年の震災の影響で、何度か場所を変更せざるをえませんでしたが、
現在は盛岡市肴町のアーケード街「ホトラインサカナチョウ」の一角に開設。

絵本を読んだり木のおもちゃで遊んだり。親子でぜひ遊びにいらしてください。

こちらは盛岡市より受託して運営する事業ですので利用料は無料です。

盛岡市つどいの広場にこっこ

場所:盛岡市肴町8-20 平金第5ビル3F
利用時間:10時~17時
休館日:火曜、祝日、夏休み、年末年始
電話:019-681-9722
[PR]

by iwate-kosodate | 2012-06-20 17:05 | お知らせ

社会的企業実践コース〈基礎編〉~森林インストラクターを講師に迎えて~

追記(6月19日)
森林インストラクター 川村晃寛さんらを講師に迎え、7月8日(日)に「第1回パパとキッズの森あそびクラブ」を開催します!
こちらのブログを見て興味を持たれた方、お子さんと自然に親しみながら自分も思いっきり遊びたいと思うお父さん、ぜひご参加ください。

詳しくはこちらをご覧ください。
お申込みはいわて子育てネット 019-652-2910 まで。


私ども「いわて子育てネット」が実施団体となって6月4日(月)より実施している「社会的企業実践コース~地域で役立つお仕事にチャレンジしよう!〈子育て支援編〉~」。

こちらは、座学を中心とした〈基礎編〉を2週間、〈実地研修〉を3週間、〈総括研修〉を1週間。
合計180時間で「子育て支援」を体系的に学ぶ研修となっています。

講師はおもちゃコンサルタントマスター、ベテラン保育士、児童館主任、小児科医…その道の専門家を招き、受講生には多彩な講義を受けていただいています。

6月8日(金)は、森林インストラクター3人を講師に、岩手公園(盛岡城跡公園)で自然に親しむ講義がありました。

a0279721_17341184.jpg


盛岡の街の中心にある岩手公園は、200種類以上の植物が生い茂る、森林公園です。

a0279721_17342158.jpg


a0279721_17343228.jpg


好天に恵まれ、新緑の美しい公園をみんなで満喫しました。

a0279721_1734487.jpg


講師のおひとり、川村晃寛さんは岩手県環境アドバイザーでもあり、「いわて森林インストラクター会事務局長」「紫波新聞編集長」「あかばやし探検隊隊長」と、三足のわらじをはくお忙しさ。

岩手公園を熟知しており、さまざまなことを教えていただきました。

a0279721_17345735.jpg


たとえば…。

a0279721_1815762.jpg


さて。これは何の木でしょう。鳥もとまれないほどの棘(とげ)があります。

a0279721_1823621.jpg


ヒントは…北原白秋の詩に出てきます。

答えは……。

a0279721_1832324.jpg


カラタチの木。

a0279721_1834780.jpg


手前が、カラタチの実。奥が梅の実。

a0279721_1842418.jpg


これは、「ここが岩手公園の頂上」を表すしるしなのだそうです。
十字の先は、東西南北を示しているそう。

a0279721_1845730.jpg


ふだん何げなく散策する公園も、こんなふうに専門家に案内してもらうことで、新たな一面を知ることができて、なんだか、得した気分です。

a0279721_1854813.jpg


a0279721_18522249.jpg


エゴノキのピンクの花がきれいに咲いていました。


さて。地面に落ちている木の実や葉、枝、花びらを拾い集めてできたのが、「森の宝石箱」。

a0279721_18494522.jpg


これで、「ネイチャーアート」を思い思いに描いていきます。

a0279721_1850673.jpg


a0279721_18502528.jpg


こうして並べていって……。

a0279721_18505857.jpg


完成!

a0279721_18512196.jpg


a0279721_18513146.jpg


a0279721_18514095.jpg


誰ひとりとして同じものはない、世界にひとつだけのネイチャーアートの完成です。

a0279721_18515082.jpg


記念写真を撮って、この日の授業は終了です。

身近にある公園を、さらに身近に感じたひとときでした。

ゆるやかな勾配が続く公園を歩き続けて。皆さん、お疲れさまでした。


皆さんの作品は、川村さんのツイッターでも紹介されているので、ぜひご覧くださいね。
[PR]

by iwate-kosodate | 2012-06-11 18:55 | HIT事業

ちびっ子ジムjump!を紹介します

あらためて、室内遊び場ちびっ子ジム「jump!」をご紹介します。

こちらは、私ども「特定非営利活動法人いわて子育てネット」が、盛岡市より事業を受託して運営しています。正式な事業名は、「生涯現役・全員参加・世代継承型雇用創出事業、乳幼児体育あそび推進事業」といいます。

ちびっ子ジムjump!があるのは、盛岡市大通、市の中心商店街です。郊外ではなく、街なかに子どもたちが遊べる室内遊び場があるのは、とても貴重なのだそうです。

今年4月29日のオープン以来、多くの親子の方にご利用いただいていますが、もっと多くの方に知っていただき、ご利用いただけたらと思います。

街なかにあるという便利な立地に加え、jump!の特徴はなんといっても大型遊具を備えていること。
なかでも、大型トランポリン「エアーキャッスル」やサイバーホイールを備えているのは、北東北ではこのjump!だけなのだそうです。

いちばん人気のエアーキャッスルで、子どもたちは思いきりジャンプジャンプ!
時間を忘れておおはしゃぎ。

a0279721_14123186.jpg


a0279721_14124817.jpg


a0279721_1422292.jpg


a0279721_14125992.jpg


a0279721_1413828.jpg


a0279721_1413153.jpg


a0279721_14132941.jpg


jump!をご利用できるのは3歳~小学校低学年が対象ですが、入館は0歳からOKです。
ご利用料金(入館料)は1人300円。兄弟2人目より200円です。大人は無料。必ず、保護者同伴でのご利用をお願いしています。


ハムスターのようにくるくる回る「サイバーホイール」も人気のひとつです。

a0279721_14172641.jpg


a0279721_14173730.jpg


意外に、少し前までハイハイをしていた小さなお子さんが器用に操ったり。最初はおそるおそるの子も、いつしか大胆に回していきますよ。

ほかにも、ウッドクライミングやすべり台、平均台、とび箱、ボールプール、サッカーやバスケットのゴールなど…室内遊具が豊富に備わっています。ぜひ一度、遊びに来てみてくださいね。


a0279721_14205281.jpg


a0279721_1421198.jpg


a0279721_14211413.jpg


a0279721_14212437.jpg



場所は、盛岡市大通2-6-8 セントラルガーデンスクエア3階
利用時間は10時~17時
お盆休み、年末年始はお休みです。

基本的に、はだしでご利用いただいております。着替えやタオル、水分補給のための飲み物をお持ちください。詳しくはお問い合わせを。

ちびっ子ジムjump! 電話019-651-1130

さらに、jump!では遊具を使った教室を開催しています。

a0279721_14323349.jpg


a0279721_14324348.jpg


a0279721_14325447.jpg


a0279721_1433685.jpg


a0279721_14332079.jpg


a0279721_14332941.jpg


フラフープを使ってなわとびの練習、カエルさんのように手を広げて、うしろ回り。てつぼうも。


写真は6月4日開催の「エコール ド マ・シェリ ミニミニようちえん」と5月31日開催の「親子体育あそび教室」の様子です。

「親子体育あそび教室」では、ただ今、6月21日(木)15時~16時開催(3~6歳対象、参加費子ども1人1,000円)の参加者を募集しています。指導は、岩渕みどり先生。7月以降も開催しますので、参加ご希望の方はjump!までお問い合わせください。


ちびっ子ジムjump!は、どなたでもご利用できます。子育てサークルで遊び場を探しているお母さんたちも、ぜひご利用ください。

保育士スタッフが常駐しているのでご安心を。

a0279721_14403899.jpg


スタッフ一同、ご利用を心よりお待ちしています!

jump!スタッフのブログちびっ子ジムjump!もぜひ、チェックしてくださいね。
[PR]

by iwate-kosodate | 2012-06-06 14:41 | ちびっ子ジムjump!

社会的企業実践コース 始まりました

本日6月4日(月)から、内閣府による「社会的企業人材創出インターンシップ事業 社会的企業実践コース」の座学が、盛岡市大通にあるいわて子育てネットの「コミュニティスペースにこにこ」の研修室を会場に始まりました。

まずは事務局長の両川いずみによるオリエンテーション。

a0279721_1420593.jpg


今、なぜ子育て支援が必要なのか。

昭和30年、岩手県では14歳以下の子どもの数は52万3296人。
それが、平成20年は17万7987人に減少。
人口に占める割合も36.6%から13.1%と、23.5%も減っています。

世帯規模の縮小(核家族化)、働く女性の増加、ひとり親世帯の増加…など、生活スタイルの変化により、いつの間にか子育てをひとりでする時代になってしまっているのではないか。

子育て家庭を孤立化させないためにも、今こそ子育て支援が必要なのではないか。

では、実際に子育て支援にはどんな支援があるのか。「子ども・子育て新システム」の関係性など、いわて子育てネットの事業をもとに、説明しました。


午後には、事例紹介として実際に子育て支援を仕事にしている4名の方からお話をうかがいました。

a0279721_1421882.jpg


上野理恵子先生は、人気絵本「のんたん」の読み聞かせを披露してくださいました。


a0279721_14211813.jpg


八木はるな先生は、1歳のおじょうちゃんを伴って主宰されている「森のようちえんバンビ」を紹介してくださいました。


a0279721_14212678.jpg


12年間、子どもに英語やクッキングを教えている藤島弘子先生は、「夢をあきらめないこと。続けること。Good luck!」と力強いエールを送ってくださいました。

a0279721_14213581.jpg


矢巾町で自宅で託児支援「グランマルーム」を開設されている佐々木誠子先生には、周りに支えられてこそできるという、ご自身の体験を語っていただきました。


本日の講座には、テレビ岩手さんに取材に入っていただきました。
今日の夕方、6時15分~6時54分のニュースプラス1いわてで講座の様子をご紹介いただけるそうですので、ぜひご覧ください。


a0279721_14214620.jpg


蔦 京平(つた きょうへい)テレビ岩手アナウンサーと、いわて子育てネット事務局長の両川。

3ヵ月のお嬢ちゃんがいる蔦アナウンサー、丁寧に取材してくださりありがとうございました!
[PR]

by iwate-kosodate | 2012-06-04 14:54 | HIT事業

新聞紙であそぼう!

いわて子育てネットの自主事業、未就園児のための「にこにこ園」。
第2回目の「新聞紙であそぼう!」の様子をご紹介します。

にこにこ園の一日の流れは、

まず登園したら、みんなで出席シールをはって、好きなあそびをします。

a0279721_17185290.jpg


ソフトブロックであそんだり。

a0279721_1719029.jpg


さあ、ボールを2つ、のせることができるかなあ?

a0279721_1719818.jpg


やった!

a0279721_17213591.jpg


たのしいね。

a0279721_17191569.jpg


a0279721_17192117.jpg


a0279721_17193682.jpg


いちばん年上の女の子と、いちばん年下の女の子。
見ているこちらがほっこり、心があたたかくなりますね。

さあ。お片づけも楽しく、みんなでじょうずにできました。

a0279721_17194358.jpg


a0279721_17194962.jpg


そして。この日の中心活動の新聞紙あそび。

ほうら。こうしてやぶいてみてね。

a0279721_17195452.jpg


a0279721_1720032.jpg


a0279721_1720787.jpg


そして。くしゃくしゃに…。

a0279721_17201267.jpg


ほら!

そして。
びりびりにした新聞紙の紙ふぶきにみんな、おおはしゃぎ!

a0279721_17201929.jpg


a0279721_17203151.jpg


a0279721_17203922.jpg


a0279721_17205041.jpg


a0279721_17205888.jpg


a0279721_1721757.jpg


a0279721_17211544.jpg


a0279721_17212378.jpg


室内に、子どもたちの歓声が響きわたりました。

子どもは遊びの天才だなあと、感じたひと時でした。

この新聞紙のお片づけも、ちゃ~んとじょうずにできました。


そして。お待ちかねのおやつの時間!

a0279721_17212982.jpg


あっという間の2時間でした。

1回目から参加のお友達は、ずいぶん雰囲気になれたようで、
カメラを向けてもいい笑顔をくれて。

ありがとう!

見ているこちらも楽しい時間を過ごさせてもらいました。


さあ。

次回の「にこにこ園」は6月7日(木)。

この日は公園で砂遊びなどをする、園外保育です。

参加者募集中です。

一度ぜひ、体験にいらしてみませんか。

お待ちしています!
[PR]

by iwate-kosodate | 2012-06-01 17:36 | にこにこ園